S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
 



PIKADON PROJECTとは

野坂昭如原作「戦争童話集」は、1971年、日本が高度成長のもたらした豊かな時代を謳歌し「戦争」を遠い過去の記憶にしようとしていた時代に、警告をするかのように連載が始まりました。黒田征太郎はN.Y.の書店で「戦争童話集」と出会い、何度も読み返すうちにこう考えました。

「戦後」なんて地球上に一度も訪れていないじゃないか。

そこで「戦争」を遠い過去の記憶にしてしまわないよう「戦争童話集 忘れてはイケナイ物語り」映像化プロジェクトが開始されたのです。ちょうどその頃、1995年フランスは核実験を再開させました。N.Y.の黒田と東京の山部ヒロノブは、核爆発によって出来るキノコ雲をイロとカタチだけを追求し、ポストカードに描き続けました。それは海を越え、3,000枚のキノコ雲が出来上がりました。ある時、キノコ雲を逆さまにしてみると水差しに見えました。水を入れ、種(イノチ)を入れました。イノチはのびようとします。

NO!と叫び続けることも大切ですが、これからのイノチのことを考えてみたい。

60年前、広島と長崎に原子爆弾が落とされました。ピカッと光りドーンと音がしたことから、誰とはなしにピカドンと呼ぶようになりました。戦後60年が経過しましたが、今も世界中のどこかで戦争が行われ、罪もない子ども達が死んでいます。憎悪と殺戮の連鎖はとどまりを知りません。広島・長崎に問うことは、今の世界でどのように生きるか、生きていけるかを問うことなのです。

PIKADON PROJECTは、ヒトがヒトとして生きていく大事なこと「衣・食・住」のことを「うた」「コトバ」「絵」を通して、生について死について想いをめぐらせ行動するプロジェクトです。
YES NO PIKADON
以前告知した、表参道のギャラリー「GAN」でのワークショップ。
今日はそのリポートです。

27日、起床してまず気になったのは天気。。。が、あいにくの雨。
天気はイベント事に大きく影響します。がっかりしながら傘をさし、表参道の会場「ギャラリーGAN」に向かいました。着くと、会場はまだオープン前。10時過ぎにオープン、クリ8、PIKADON事務局、K2スタッフが一斉に準備に取りかかる。今回の課題として、まずあったのが「養生」。大理石のフロアを汚すこと無くイベントを行わなくてはならない。作業テーブルのまわりを厚いコーティング紙でカバーし、壁面にも念のため紙を貼る。テーブルをセットし終えたころ、手伝ってもらう文化服飾学院の4名が登場。ミシンのセットに入ってもらう。

会場の準備が終わるともう1時をまわっていましたがスタートは2時からなのでまだまだ余裕。外に出ると雨は止んでいました。不思議なことに黒田の参加するイベントは晴れることが多い。

黒田が到着し、子供たちも集まりだし、いよいよスタート。驚いた。子供のパワーを侮っていました。黒田やクリ8イラストレーターも触発され子供たちと一緒に絵を描いていく。
f0088250_2292277.jpg
f0088250_2332518.jpg

あっという間に用意した1.5メートル×90センチの布は絵でいっぱいになり、次から次へと布の交換に追われることに。色鮮やかな布がどんどん壁に展示される。文化服飾学院の4人がそれらをチョイスして裁断、洋服作りに没頭。
f0088250_2303390.jpg


3時間のワークショップを終えると描いた布は合計30枚以上。二日間で30枚の予定が一日目ですでに倍以上の成果。次の日の布調達のために急いで布屋さんに走ることに。。。

28日晴れ。嬉しい。午前中は神宮前小学校の1年生2年生の40人が参加してくれることになっている。11時を少しまわったころぞろぞろと先生に引率されながらの到着。さすがに元気がいい。それぞれ思い思いの絵を描くことに没頭し、あっという間の一時間。朝日子供新聞と毎日子供新聞の記者が取材に来てくれる。午後からは他の学年の生徒さんも大勢参加してくれて大盛況のうち終了しました。
f0088250_2312724.jpg

[PR]
# by pikadonproject | 2006-04-29 02:34
「YES NO PIKADON」について
日時:2006年4月27日(木)28日(金)14時から〜18時
場所:表参道ギャラリー「GAN」
ギャラリーGAN 渋谷区神宮前5-31-3 ガレリアビル1階
イベント協賛:サクラクレパス、竹尾、RBR、ギャラリーGAN

始まりはクリ8さんのNYでのグループ展で黒田と出会い、昨年GASBOOKさんとのPIKADONイベントで再会。イラストレーターさんたちからの「自分たちも一緒にやりたい」という提案から始まりました。
「子供たちに絵を描くことの面白さを知ってもらいたい。」という提案から、小学生の参加者を中心に集めることになりました。
今回は、大きな白い布地にYES・NOのイメージで絵を描きます。マーカー、クレパス、スタンプが用意してあります。絵が描かれた布を若いファッションデザイナー4名(文化服装学院生徒さん)がその場で裁断、ミシンにて洋服やバッグ等を縫製していきます。

クリ8について、、、
オフデザインさん運営の、企業とイラストレーターを結ぶエージェンシーです。
クリ8に登録しているイラストレーターは300名。

参加要項、、、
参加者は事前募集しいます。cre-8@pikadon.jp
子供だけで無く大人も当日の飛び入り参加可能です。

その後の展開、、、
出来上がった作品は、5月3日(水)より9日(火)までの期間、オフデザイン内「クリ8ギャラリー」にて展示販売します。

関連イベント、、、
同会場「GAN」にて4月29日(土)より5月2日(火)までの期間、黒田のPIKADON関連の作品を展示販売します。
「GAN」の2階「プロモアルテギャラリー」にて4月27日(木)より5月2日(火)までの期間、「ニューヨークのNO・YES」をテーマにクリ8イラストレーターが作品を展示します。黒田も1点作品参加します。
[PR]
# by pikadonproject | 2006-04-25 21:04
PIKADONライブペインティング@アースディ東京
22日晴れ東京・代々木公園野外ステージ
PIKADONライブペインティングがアースディ東京のステージで行われた。

10時に現場入り。ライブは18時50分からの予定。アースデイ会場はすでに大勢の人で賑わっていた。キャンバスや画材の搬入は前日に済ませたので気分は楽だ。昼からPIKADONテントでのワークショップはあるが、クリ8さんやボランティアスタッフ、PIKADON事務局の人達もいるので安心。ライブで使うキャンバス2枚のうち1枚にみんなのメッセージを描いてもらい、昼からスタートしたが2時間後にはすでにキャンバスは埋まっていた。それでもその上からどんどんメッセージを描きこんでいく。凄い密度の作品になっていった。

今日の僕はライブに専念。
黒田は4時半入りの予定。それまでは準備に徹しよう。
4時、携帯に着信。「黒田さん入りました。」急いで楽屋の準備を済ます。
PIKADONテントのワークショップに黒田も参加。子供との描きくらべがはじまった。用意したクレパスでキャンバスいっぱいに描く黒田を見て子供も負けずとハリキル。まわりのみんなが笑顔になる。これこそがPIKADONで伝えたいことなのだなと実感。
f0088250_20462435.jpg

後はライブの時間を迎えるのみ。
前のバンド(ラブサイケデリコ)が終わったらステージ前からキャンバスをあげる段取りだったが、もの凄い人でステージ前は過密状態。とてもじゃないが3m×1.5mのサイズのキャンバス2枚を持っていくことは不可能だ。急遽ステージそでの搬入口から入れることに。「段取りが違う」怒る舞台監督に事情を話し協力してもらう。今回、舞台監督のエビさんには本当にお世話になった。ステージを作りあげる苦労も教わった。

ラブサイケデリコのライブが終わった。いよいよ本番!
手際よくキャンバスをステージ上にあげ、画材のセットを始める。ダンボールから次々と画材を出すと「凄い量だなぁ」と観客席から声が聞こえる。観客が気になる。知っている顔もチラホラ。

画材テーブルにはじめてひとりでついた。。。緊張感が凄い。

近藤等則、仲野茂、SUGIZO、DJ TAKADA、テトラ、KENJI、K-TA、黒田征太郎という大所帯でライブがはじまった。アナーキーの仲野さんに限っては参加が前日に決まり。SHIGERUさんという方がボーカルで参加されるということしか知らず。当日、蓋を開けたら仲野茂さんだった。後から仲野さんから聞いた話だが、黒田とのライブをずっとやりたかったそうだ。ライブでの気合いの入れ方からも分かる。念願叶ったわけだ。
f0088250_20465699.jpg

僕の目は黒田の動きしか追っていない。「次はどの画材を使うのか」「何を欲しているのか」黒田のライブにアシスタントで付いてきた先輩はこれらを考え予測して動いていた。それが出来るだろうか。さらに「何もしなくてもライブは進む」とも言われた。要は自分次第なのだ。どこまで出来るかを試されている。





1時間のライブはあっという間だった。
もっと長く感じると思っていた。
f0088250_20473350.jpg

f0088250_2048159.jpg


打上げ後、明け方事務所に戻ると黒田からFAXが届いていた。
ライブに参加したスタッフあてに「良いライブだった」と書いてあった。
疲れきったからだが熱くなる。。。

ライブに関ってくれたみなさん!
お疲れさまでした!
[PR]
# by pikadonproject | 2006-04-25 20:54
クリ8
4月27日28日に表参道のギャラリーGANで開催されるイベントの打合せに行ってきました。クリ8というイラストレーターのエージェントを行っている団体の企画展にピカドンとして参加するのです。
ピカドンをテーマに作品を作るワークショップが開催されます。詳細は追ってご連絡します。

4月はイベントが目白押しです。
[PR]
# by pikadonproject | 2006-04-12 02:30
REPORT!
今日からアダンohanaでの「365PIKADON in Tokyo」がスタート。来場者は一様にその不思議な空間に引き込まれている様でした。黒田と山部ヒロノブさんの描いた「キノコ雲ポストカード」が印刷された透明フィルムで形成されたキノコ雲のオブジェがあり。それらが落す「影」が印象的です。そもそも「キノコ雲ポストカード」はフランスが核実験を再開させた1995年からNYの黒田と東京の山部さんとでキノコ雲のフォルムを追求する行為から始まりました。それは大平洋を行き来し、結果3000枚のカードが出来上がりました。それらをまとめた3冊のスチール本も閲覧することも出来ます。
お店「アダンohana」も雰囲気の良いアットホームな感じのバーです。三田にある「アダン」同様に美味しいお酒と料理が楽しめます。
[PR]
# by pikadonproject | 2006-04-03 23:56
365PIKADON in Tokyo
f0088250_4562176.jpg

4月3日より6月30日までの期間。
渋谷にオープンするバー『アダンohana』併設のギャラリーにてPIKADON展が開催されます。期間内、キノコ雲のポストカードを中心にさまざまな作品を展示する予定です。是非皆様ご覧ください。

『アダンohana』渋谷区神山町7-8 03-5465-7577
(渋谷駅から東急本店へ、右手側の道を5分程進んだところにあります)
1F BAR:16:00〜23:00頃  2F ギャラリー:正午〜23:00頃
[PR]
# by pikadonproject | 2006-04-01 06:00
スタート!
黒田征太郎の話を中心にPIKADON PROJECTをK2スタッフ『K太郎』が追います。
[PR]
# by pikadonproject | 2006-04-01 05:00