S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 



PIKADON PROJECTとは

野坂昭如原作「戦争童話集」は、1971年、日本が高度成長のもたらした豊かな時代を謳歌し「戦争」を遠い過去の記憶にしようとしていた時代に、警告をするかのように連載が始まりました。黒田征太郎はN.Y.の書店で「戦争童話集」と出会い、何度も読み返すうちにこう考えました。

「戦後」なんて地球上に一度も訪れていないじゃないか。

そこで「戦争」を遠い過去の記憶にしてしまわないよう「戦争童話集 忘れてはイケナイ物語り」映像化プロジェクトが開始されたのです。ちょうどその頃、1995年フランスは核実験を再開させました。N.Y.の黒田と東京の山部ヒロノブは、核爆発によって出来るキノコ雲をイロとカタチだけを追求し、ポストカードに描き続けました。それは海を越え、3,000枚のキノコ雲が出来上がりました。ある時、キノコ雲を逆さまにしてみると水差しに見えました。水を入れ、種(イノチ)を入れました。イノチはのびようとします。

NO!と叫び続けることも大切ですが、これからのイノチのことを考えてみたい。

60年前、広島と長崎に原子爆弾が落とされました。ピカッと光りドーンと音がしたことから、誰とはなしにピカドンと呼ぶようになりました。戦後60年が経過しましたが、今も世界中のどこかで戦争が行われ、罪もない子ども達が死んでいます。憎悪と殺戮の連鎖はとどまりを知りません。広島・長崎に問うことは、今の世界でどのように生きるか、生きていけるかを問うことなのです。

PIKADON PROJECTは、ヒトがヒトとして生きていく大事なこと「衣・食・住」のことを「うた」「コトバ」「絵」を通して、生について死について想いをめぐらせ行動するプロジェクトです。
「ヒロシマナガサキ」試写会
6月26日火曜日、新橋にある「スペースFS汐留」にスティーブン・オカザキ監督が広島、長崎の原爆投下について25年の歳月をかけて完成させたドキュメンタリー映画「ヒロシマナガサキ」の試写会に行きました。
f0088250_18402218.jpg

当時の生々しい映像や写真、被爆者の証言、原爆投下に関わったアメリカ人の証言、、、そして現在。正直に言って目を背けたくなる事実や映像に対面することになる作品です。広島と長崎で何が起こったのか。同じ惨劇が二度と起きないためにも大勢の人に観てもらいたい作品です。

PIKADON PROJECTとして黒田と近藤さんが原爆ドームの前で行ったライブペインティングの映像も効果的に使われております。


7月28日土曜日より東京の岩波ホールにてロードショーされ順次全国で公開されていきますので是非ご覧下さい。
[PR]
by pikadonproject | 2007-06-28 18:41
野坂さん作品復刊のお知らせ >>