S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 



PIKADON PROJECTとは

野坂昭如原作「戦争童話集」は、1971年、日本が高度成長のもたらした豊かな時代を謳歌し「戦争」を遠い過去の記憶にしようとしていた時代に、警告をするかのように連載が始まりました。黒田征太郎はN.Y.の書店で「戦争童話集」と出会い、何度も読み返すうちにこう考えました。

「戦後」なんて地球上に一度も訪れていないじゃないか。

そこで「戦争」を遠い過去の記憶にしてしまわないよう「戦争童話集 忘れてはイケナイ物語り」映像化プロジェクトが開始されたのです。ちょうどその頃、1995年フランスは核実験を再開させました。N.Y.の黒田と東京の山部ヒロノブは、核爆発によって出来るキノコ雲をイロとカタチだけを追求し、ポストカードに描き続けました。それは海を越え、3,000枚のキノコ雲が出来上がりました。ある時、キノコ雲を逆さまにしてみると水差しに見えました。水を入れ、種(イノチ)を入れました。イノチはのびようとします。

NO!と叫び続けることも大切ですが、これからのイノチのことを考えてみたい。

60年前、広島と長崎に原子爆弾が落とされました。ピカッと光りドーンと音がしたことから、誰とはなしにピカドンと呼ぶようになりました。戦後60年が経過しましたが、今も世界中のどこかで戦争が行われ、罪もない子ども達が死んでいます。憎悪と殺戮の連鎖はとどまりを知りません。広島・長崎に問うことは、今の世界でどのように生きるか、生きていけるかを問うことなのです。

PIKADON PROJECTは、ヒトがヒトとして生きていく大事なこと「衣・食・住」のことを「うた」「コトバ」「絵」を通して、生について死について想いをめぐらせ行動するプロジェクトです。
風切る翼
「あらしのよるに」を書かれたことで有名な、作家のきむらゆういちさんと黒田、音楽家のハセガワミヤコさん、長友、講談社の編集の方で初台にある幡代小学校を訪れ、5年生を対象に絵本「風切る翼」の”読み聞かせ”と”ライブペインティング”を行いました。
きむらさんと黒田は過去に2冊の絵本を作りました。「シチューはさめたけど・・・」と「風切る翼」です。「風切る翼」は作り方が独特で、2002年に黒田のアトリエにきむらさんと黒田、そして長友と講談社の編集の方が一同に介し、三日間かけてライブで制作しました。
f0088250_1950482.jpg

「風切る翼」は「イノチ」や「イジメ」の問題がテーマになっており、今の子供にこの話をもっと知ってもらいたいキモチから今回の特別授業が実現しました。

集合時間より少し前に到着すると、学校の前の公園で黒田が遊んでいる子供たちをスケッチしていました。ずいぶん早く到着していた様です。
f0088250_1825521.jpg

人口芝のグラウンドに驚きながら、授業をする体育館に入ると、卒業式に使う紅白の幕がかかっていました。卒業式の練習をしているそうです。

f0088250_1826024.jpg

ちょうど準備が終ったころ、生徒さんが体育館に集まりました。授業が始まると黒田の話に聞き入る様子が印象的でした。

ハセガワさんのピアノの演奏が始まりスタートしました。きむらさんの朗読にあわせて次々と絵が生まれていきます。あっという間に5枚の絵が出来上がりました。その後、生徒さんからのいろいろな質問にきむらさんと黒田が答え、授業が終りました。
f0088250_1943197.jpg
f0088250_19431291.jpg


教室で給食をごちそうになり、記念撮影をして学校を後にしました。
明日の朝日新聞には記事を書いて頂けるそうで楽しみにしています。
[PR]
by pikadonproject | 2007-03-14 19:56
<< 都立第五福竜丸展示館 2ヶ月ぶりの更新。。。 >>


検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧