S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 



PIKADON PROJECTとは

野坂昭如原作「戦争童話集」は、1971年、日本が高度成長のもたらした豊かな時代を謳歌し「戦争」を遠い過去の記憶にしようとしていた時代に、警告をするかのように連載が始まりました。黒田征太郎はN.Y.の書店で「戦争童話集」と出会い、何度も読み返すうちにこう考えました。

「戦後」なんて地球上に一度も訪れていないじゃないか。

そこで「戦争」を遠い過去の記憶にしてしまわないよう「戦争童話集 忘れてはイケナイ物語り」映像化プロジェクトが開始されたのです。ちょうどその頃、1995年フランスは核実験を再開させました。N.Y.の黒田と東京の山部ヒロノブは、核爆発によって出来るキノコ雲をイロとカタチだけを追求し、ポストカードに描き続けました。それは海を越え、3,000枚のキノコ雲が出来上がりました。ある時、キノコ雲を逆さまにしてみると水差しに見えました。水を入れ、種(イノチ)を入れました。イノチはのびようとします。

NO!と叫び続けることも大切ですが、これからのイノチのことを考えてみたい。

60年前、広島と長崎に原子爆弾が落とされました。ピカッと光りドーンと音がしたことから、誰とはなしにピカドンと呼ぶようになりました。戦後60年が経過しましたが、今も世界中のどこかで戦争が行われ、罪もない子ども達が死んでいます。憎悪と殺戮の連鎖はとどまりを知りません。広島・長崎に問うことは、今の世界でどのように生きるか、生きていけるかを問うことなのです。

PIKADON PROJECTは、ヒトがヒトとして生きていく大事なこと「衣・食・住」のことを「うた」「コトバ」「絵」を通して、生について死について想いをめぐらせ行動するプロジェクトです。
シネマアートン下北沢
下北沢の映画館「シネマアートン下北沢」で5月6日(土)より6月9日(金)までの期間。日活ポルノロマンの黄金期を支えた神代辰巳監督の特集上映があります。黒田は神代監督との親交も深く、ロマンポルノ10周年記念で撮影され今回も上映される「嗚呼!おんなたち 猥歌」(主演:内田祐也)にも出演しています。その時のキモチで新たに描いた作品15展を期間中、館内展示します。その作品は僕も見たことがないので上映される5月20日(土)〜5月26日(金)が楽しみです。

というわけで、今日は下見です。下北沢駅より5分程歩いたところに映画館はあります。「鈴なり横丁」の看板が目印です。
f0088250_2141976.jpg
その横に大きく「ARTONE」の文字があります。館内に入ると細い通路に展示された作品が迎えてくれます。屋上に作られた小さなカフェも人気だとか。独特の雰囲気のある素敵な映画館です。
f0088250_214318.jpg

現在は杉作J太郎監督の「任侠秘録人間狩り」と「怪奇!幽霊スナック殴り込み!」の2本立て上映をしています。支配人と映画館スタッフと展示のことを話していると杉作J太郎さんがいらっしゃいました。氏のことは「トゥナイト2」で知り、後にマンガ家さんだと知りました。それまではただの「エロイ人」という認識でした。すみません。2003年より「男の墓場プロダクション」を設立され「いい話」の映画を撮っておられます。支配人に紹介してもらい名刺交換をしましたが、とても感じの良い方でした。実はファンです。このブログのキャラ「K太郎」も無意識にJ太郎さんに影響されているのでは。。。

展示搬入は8日の夜に決定!
帰りに「男の墓場プロダクションピンズ」を購入し事務所に戻りました。
f0088250_2144216.jpg


シネマアートン下北沢 http://www.cinekita.co.jp/
男の墓場プロダクション http://www.otokonohakaba.com
[PR]
by pikadonproject | 2006-05-01 21:07
<< クリ8 PIKADON展 >>