S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
 



PIKADON PROJECTとは

野坂昭如原作「戦争童話集」は、1971年、日本が高度成長のもたらした豊かな時代を謳歌し「戦争」を遠い過去の記憶にしようとしていた時代に、警告をするかのように連載が始まりました。黒田征太郎はN.Y.の書店で「戦争童話集」と出会い、何度も読み返すうちにこう考えました。

「戦後」なんて地球上に一度も訪れていないじゃないか。

そこで「戦争」を遠い過去の記憶にしてしまわないよう「戦争童話集 忘れてはイケナイ物語り」映像化プロジェクトが開始されたのです。ちょうどその頃、1995年フランスは核実験を再開させました。N.Y.の黒田と東京の山部ヒロノブは、核爆発によって出来るキノコ雲をイロとカタチだけを追求し、ポストカードに描き続けました。それは海を越え、3,000枚のキノコ雲が出来上がりました。ある時、キノコ雲を逆さまにしてみると水差しに見えました。水を入れ、種(イノチ)を入れました。イノチはのびようとします。

NO!と叫び続けることも大切ですが、これからのイノチのことを考えてみたい。

60年前、広島と長崎に原子爆弾が落とされました。ピカッと光りドーンと音がしたことから、誰とはなしにピカドンと呼ぶようになりました。戦後60年が経過しましたが、今も世界中のどこかで戦争が行われ、罪もない子ども達が死んでいます。憎悪と殺戮の連鎖はとどまりを知りません。広島・長崎に問うことは、今の世界でどのように生きるか、生きていけるかを問うことなのです。

PIKADON PROJECTは、ヒトがヒトとして生きていく大事なこと「衣・食・住」のことを「うた」「コトバ」「絵」を通して、生について死について想いをめぐらせ行動するプロジェクトです。
PIKADON展
子供たちとのワークショップと同じ場所で4日間、黒田の作品を展示販売するPIKADON展が開催されています。
f0088250_19503221.jpg

というわけで、29日も朝から展示作品の搬入とセットに出発。イベントの時とは違い落ち着いた雰囲気。。。落ち着いていたのは外観のみ。中に入るとムッとする薬品の臭いと床に這いつくばるスタッフ。何事!と思いきや、前日のワークショップの養生に使ったテープのベタベタを一生懸命取っていたのです。さっそく僕も取りかかります。が、アイテはかなり手強い。この作業にかなりの時間を費やしてしまった。次回からは使うテープも検討しなくてはいけない。

作品展示に気があせる。しかし、気を落ち着かせて作品と白い壁をジッと見て展示のバランスを考えます。外から見える10メートルの壁に大きな額の作品を10点。他の壁に小さい額の作品を10点、キャンバス地の小さな作品を6点展示することにし、結果、良い展示になりました。
f0088250_1950457.jpg

明日までなのでまだの方はお急ぎください。
f0088250_19505456.jpg

[PR]
by pikadonproject | 2006-05-01 19:52
<< シネマアートン下北沢 YES NO PIKADON >>